TVアニメ『うたわれるもの 二人の白皇』のクオン役・種田梨沙に特別インタビュー! キャラの魅力や作品の見どころとは?

2022年7月からスタートしたTVアニメ『うたわれるもの 二人の白皇』は、2022年8月5日現在、第6話まで放送されました。

そこで本記事では、クオン役の種田梨沙さんに特別インタビューを実施!(特別インタビュー第1弾はこちらから)
クオンをはじめ、ハクやネコネ、アンジュといった各キャラクターに対する思いや、作品全体の見どころなどを伺いました。

TVアニメ『うたわれるもの 二人の白皇』はシリーズ最終章。1期〜2期では明かされなかった全ての謎が解き明かされます。
壮大なストーリーが魅力の本作。ここでしか読めない“作品の魅力”をたっぷりお届けします。

クオンと関わりの深いキャラクターの魅力を深堀インタビュー!

『偽りの仮面』を知っているからこそオシュトルとして先頭に立つハクがより魅力的に

――物語の序盤はハクが活躍するシーンが多いと思います。すでに放送された6話までを通し、種田さんからみて「ハクのこんな所がかっこいい」というのはありますか?

クオン役 種田梨沙さん(以下、種田さん):
1話~2話あたりはアンジュが大変なことになっていて、アンジュを支える者たちがすごく頑張っています。なかでも、オシュトルの役割を引き継いだハクがみんなを引っ張り、戦の先陣をきるというシーンが多くあるんですよね。

TVアニメ2期『うたわれるもの 偽りの仮面』 で見ていた“怠け者のハク”ではなくなってしまったのを感じ、「本当にクライマックスに向かっているんだな」って改めて思いました。

でもやっぱり思うのは、ハクは天性の才能があるというか……、人を巻き込む天才というか。あれだけ怠け者だったのに、いざオシュトルという役割を与えられたら、誰よりも勇気をもってみんなを引っ張っていってるのでスゴイ。

ハクはその二面性がカッコイイんだなぁ……と思いますね。あの“だらしないハク”を見ていたからこそ、『うたわれるもの 二人の白皇』では責任感を背負って、みんなの先頭に立っているハクがより魅力的に見えるのかなぁと感じました。

クオンを演じていて一番辛かったネコネとの再会……でも最も好きなシーン

――ハクが正体を偽ってオシュトルとして生きていることをネコネは知っていますが、ネコネに対してはどんな印象をお持ちでしょうか?

種田さん:
第4話以降、ネコネとクオンの2人のシーンも出てくるんですが、実は、クオンを演じていて一番辛かったのはネコネとのシーンです。

ネコネが健気にあんなにも自分を責めていて、真実をひた隠しにしながらオシュトルであるハクの横にいるっていう事実だけでも、だいぶ涙が出てきちゃうのに……。

今後クオンとネコネが再会したときに分かってくるんですが、実はクオンに対しても「申し訳ない」っていう気持ちがネコネの中にはあって。

そのシーンは涙なしでは見れないというか……、クオンを演じていても、アニメを見ていても辛いシーンでした。でも、好きなシーンでもあるので、アニメ放送を楽しみにしていただけたらなと思います。

クオンについて深堀インタビューしたら種田さんの可愛い一面が…!

アニメは他の役者さんと掛け合いながら収録できる! ゲームとは少し違った印象を受けるかも

――『うたわれるもの』シリーズは原作がゲームですが、ゲームとアニメでクオンの演じ方を変えていますか?

種田さん:
意識して変えた部分はないんですが、ゲームはどのシーンも1人で収録していて……。でもアニメのときは他の役者さんの声を聞きながら、一緒に掛け合いながら収録できるので、結構、お芝居自体は変わっていると思います。

意識して変えたというよりは、他のキャラクターを演じる役者さんたちと掛け合ったからこそ生まれたクオンという感じですね。

あと時が経って、自分の中で以前よりも『うたわれるもの 二人の白皇』という作品を理解して演じている分、ちょっと変わっている部分もあると思います。ぜひゲームとアニメの両方をチェックしてほしいです。

種田さんは『うたわれるもの』の世界でも食べ合わせがよさそうな○○に夢中…!

――クオンは食べることが大好きですが、種田さんも「これだけは夢中になっちゃう」「これは大好きだな」というものはありますか?

種田さん:
梅干しがすごく好きで…! お酒も梅酒とか、梅味だったら絶対飲んじゃいます。好きな食べ物はいっぱいあるんですが、やめられない・とまらないのは梅干しかなと思います。

梅干しだったら、もしかしたら『うたわれるもの』の世界にもあるんじゃないかな? とか思っちゃう(笑)。

はちみつに梅干しを入れたら美味しいんじゃないかなとか、『うたわれるもの』の世界でも食べ合わせがいいんじゃないかなって勝手に思っています(笑)。

背中を押してくれるのは家族や仲間たち! 支えられて『うたわれるもの 二人の白皇』まできたクオン

トゥスクルの皇女としての責任も背負う……覚悟を決めたクオンを見てほしい

――第4話を終え、クオンが失った記憶をある一言で思い出し、いざ「ヤマトへ行こう」という流れで物語が進むと思います。クオンを演じる上での意気込み、以降の見どころがあったら教えてください。

種田さん:
クオンはトゥスクルの皇女ですが、トゥスクルの民をはじめ、『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』 から登場していたトゥスクルのキャラクターたちに支えられて生きてきたキャラクター。

今回の『うたわれるもの 二人の白皇』では、「トゥスクルの人たちにクオンは支えられているんだ」っていうのが、より明確に描かれています。「やっぱり背中を押してくれるのは、家族や仲間たちなんだな」っていうのがアニメを見ると伝わると思います。

今では旅人として冒険していたけど、これからはトゥスクルの皇女としての責任も背負いながらクオンが物語に関わっていくので、“覚悟が決まったクオン”を楽しみにしていてほしいです。

同じくヤマトの皇女であるアンジュとの再会のシーンでは、今までのクオンとアンジュの掛け合いとは全く違ったものになってきます。この2人の掛け合いは一番の見どころだと思いますので、ぜひ楽しみながらアニメを見ていただきたいです。

TVアニメ『うたわれるもの 二人の白皇』作品情報

【ONAIR】
2022 年 7 月 2 日(土)より
TOKYO MX、BS11 ほかにて全 28 話放送

■TOKYO MX:毎週土曜 25:00〜
■BS11:毎週土曜 25:00〜
■北海道テレビ:毎週月曜 26:25〜
■AT-X:毎週木曜 23:00〜
リピート放送:毎週月曜 11:00~/毎週水曜 17:00~

<配信>
■d アニメストア 7 月 2 日より毎週土曜 25:00~
地上波同時先行配信

■7 月 9 日より毎週土曜 24:00〜
ABEMA、U-NEXT、アニメ放題、Amazon Prime Video、GYAO! ほか

【INTRODUCTION】
2002 年のシリーズ第一作『うたわれるもの』の発売から 20 年。
シリーズ累計売上本数 100 万本突破の大ヒットゲーム、その最終章が待望の TV アニメ化!

『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』
獣のような耳と尾を持つ、様々な種族が暮らしを営むとある世界。
ある山奥ののどかな辺境の集落“ヤマユラ”に、自分に関する記憶を全て失った仮面の青年“ハクオロ”が現れたことから物語は始まった。

『うたわれるもの 偽りの仮面』
“ハクオロ”と同じく名前も記憶も失った青年“ハク”は獣の特徴を持つ美しい少女・クオンに危機を救われる。
大國『ヤマト』を舞台に、出会いが新たな出会いを呼び、大きな戦乱の渦へ導かれていった。

前二作で散りばめられた、全ての謎が解き明かされる。
『うたわれるもの』三部作、すべての結末へ。

【あらすじ】
「頼んだぜ、アンちゃん。」

帝の崩御から始まったヤマトの動乱。
ヤマトの皇女・アンジュの毒殺未遂の嫌疑から追われる身となった右近衛大将・オシュトル。
彼は戦いの末、仮面<アクルカ>の力を使い果たし、肉体と魂は世界の一部と化した。
その別れ際、友であるハクにアンジュとネコネの未来を託す。

オシュトルから仮面と意思を託されたハクは、ハクとしての人生を捨て、正体を偽り、仮面とともにオシュトルとして生きることを選んだ。
そしてエンナカムイに逃れ、回復の兆しを見せたアンジュは、父である帝が残した皇女の地位を取り戻したいと立ち上がる。

一方、ヤマトでは混乱に乗じて、八柱将であるライコウが偽の皇女を擁立し、国を掌握しようとしていた。
やがてヤマト軍の侵攻は、本物の皇女を排除すべくエンナカムイへも及び……。

ヤマト全土を巻き込む戦乱が、幕を開ける。

「うたわれるもの」シリーズ最終章。
全ての謎が、今解き明かされる。

【STAFF】
原作:AQUAPLUS
監督:川村賢一
シリーズ構成:横山いつき
キャラクター原案:甘露 樹、みつみ美里
キャラクターデザイン/総作画監督:中田正彦
プロップデザイン:岩畑剛一、鈴木典孝
美術設定:天田俊貴
文字デザイン:コレサワシゲユキ、灯夢
色彩設計:佐藤美由紀
美術監督:高峯義人
特効監修:谷口久美子
撮影監督:横山 翼
3DCG:サンジゲン
編集:後藤正浩
音響監督:山口貴之
音楽:AQUAPLUS
オープニングテーマ:「人なんだ」/Suara
エンディングテーマ:「百日草」/Suara
アニメーション制作:WHITE FOX

【CAST】
オシュトル(ハク):利根健太朗
クオン:種田梨沙
アンジュ:赤﨑千夏
ネコネ:水瀬いのり
ルルティエ:加隈亜衣
アトゥイ:原 由実
ノスリ:山本希望
オウギ:櫻井孝宏
ウルゥル/サラァナ:佐倉綾音
キウル:村瀬 歩
ヤクトワルト:江口拓也
シノノン:久野美咲
ムネチカ:早見沙織
フミルィル:儀武ゆう子
ライコウ:置鮎龍太郎
ミカヅチ:内田夕夜
ウォシス:菊池幸利
マロロ:杉山大
シチーリヤ:三宅麻理恵
ソヤンケクル:最上嗣生
オーゼン:佐々木義人
トキフサ:志賀麻登佳
デコポンポ:大川透
ボコイナンテ:中西としはる
イラワジ:白熊寛嗣
トリコリ:藤田昌代
シス:山村響
ヤシュマ:田丸篤志
ゲンホウ:大川透
イタク:小林裕介
アルルゥ:沢城みゆき
カミュ:釘宮理恵
ウルトリィ:大原さやか
カルラ:田中敦子
トウカ:三宅華也
クロウ:小山剛志
ベナウィ:浪川大輔
オボロ:桐井大介
ドリィ/グラァ:渡辺明乃
ムント:白熊寛嗣

【関連サイト】
公式 HP: https://utawarerumono.jp
公式 Twitter: https://twitter.com/UtawareAnime

(C) うたわれるもの二人の白皇製作委員会

新着記事はこちら

                       

コメントをする